セフレ化しやすい女・セフレになりやすい女の特徴

セフレを作ろうと思ったとき、「セフレ化しやすい女を狙う」ということを意識して行動した方が、より早く、より簡単に結果が出る。

あなたが超ハイスペック男子なら、適当に動いても好きなように誰でもセフレにできるかもしれないが、普通の男ならある程度は「セフレになりやすい女」を見抜いて動いた方がいい。

今回はセフレ化しやすい女の特徴を、数え切れないほどの人数をセフレにしてきた管理人自らの実体験を元に書いてみようと思う。

セフレ化しやすい女の特徴

細かい特徴や共通点はもっとあるかもしれないが、今回はわかりやすく、ヤリチンなら誰でも納得するであろう大きな分類で特徴をあげてみた。

物事をはっきり決められない女

白黒はっきりつけられない女は「なあなあのセフレ関係」にもっていきやすい。

こちらに好意があり、本当は彼女になりたいが言い出せない子なんかは、まさにこの典型。相手の好意と性格を利用したゲスかつ定番のセフレ化法だ。

実際セフレ関係の半数以上はこれだと思う。お互い気持ちよくセフレと認め合ったさっぱりした関係性というのは少ないものだ。

寂しがりや・メンヘラ

寂しがりややメンヘラ気質で男に依存するタイプの女もセフレにしやすい。

この場合、女側はこちらに好意があるとは限らない。寂しさを紛らわすためや、求められたいという欲求のためにセックスをするパターンが多し。

あとは失恋後や傷心中の女も狙い目だろう。ゲスだが。

セックス好き女・ビッチ

シンプルにエッチ好き、シンプルにビッチな女も、もちろんセフレにしやすい。数は少ないが。

この場合は体の相性が良いとか、性癖が合うとか、こちらのセックスが上手いとか、そういった条件が必要となる場合がある。

元カノ・元嫁

昔の彼女や嫁と体の関係だけ続いてしまうというもの。これも超がつくほど定番だろう。

「将来は考えられないけど、セックスだけは良かったから別れてもたまに会ってやっちゃう」というのは女からよく聞く話である。

セフレ化しやすい女を選んで攻めろ

ありがちな「セフレになりやすい女」の特徴を解説してみた。

ヤリチンにとっては当たり前すぎる話だったかもしれないが、セフレ初心者の人はぜひ参考にしてみてほしい。

ちなみに慣れてくると、経験則と勘により、リアル・ネット問わずセフレ化しやすそうな女が瞬時にある程度見抜けるようになってくる。