セックス依存症の女と出会ってセフレにする方法

セックス依存症という心の病気

セックス依存症という言葉をご存知だろうか。

その名の通り、セックスすることに依存してしまっていて、やめられない状態のことだ。

その定義としては、「損失があるにも関わらず、セックスすることをやめらない状態」である。

具体的には以下のような例があげられる。

  • あとで自己嫌悪に陥ってしまうのに、寂しさから適当な男とのセックスをやめられない
  • お金がないのに、風俗遊びをやめられない
  • 社会的地位があるのに、不倫や援助交際をやめられない
  • 彼女や奥さんがいるのに、浮気や不倫などがやめられない
  • 相手を傷つけてしまうのに、強引なセックスをやめられない

このように、セックスをすることで損害があり、やめたいのにやめられない状態の人はセックス依存症であると言える。

つまり、ただ性欲が強いだけ、セックスが好きなだけ、というのはセックス依存症ではない。

むしろセックス依存症の女には、性欲が全然ない子も多いしな。

女はメンヘラビッチ系のセックス依存症が多い

さて、男でセックス依存症というのはなんとなく気持ちがわかると思うが、女でセックス依存になるのはどういうことなのか?

セックス依存症というのは心の病気。つまり、メンタルに問題のある女に多い。

  • 寂しさから適当な男とセックスを繰り返し、そのたびに後悔しているような女
  • セックスをすることで優しくされ、必要とされていると感じてしまう女
  • 口説かれると断れないタイプの女

こういったメンヘラビッチ系の女は、たいてい後で傷つき後悔する。

つまり、「損失があるにも関わらず、セックスすることをやめらない状態」、セックス依存症なケースが多いのだ。

女の場合、恋愛依存も併発しているパターンが多い。が、たいていはワンチャンかセフレ要員で終わる。

非常にゲスではあるが、こういう女はあまりにも簡単にセフレにすることが可能だ。

セックス依存症の女と出会う方法

そんなセックス依存症の女と出会う方法だが、2つの王道パターンがある。

フラフラと外で夜遊びしてセックスしまくっているタイプ

一番ありがちなタイプが、フラフラと外で飲みまくって、適当な男に毎回お持ち帰りされているタイプの女だ。

学生や時間の融通の効く人、ぱっと見モテそうな可愛い子に多い。

飲み会やクラブ遊びなどにたくさん参加して波に乗れれば、この手のビッチ女がガンガン供給される。

効率は悪いが、夜の街でのストリートナンパも王道だ。

出会い系やマッチングアプリなどのネットで男と出会いまくっているタイプ

夜遊び系女を狙うのが難しい場合は、出会い系やマッチングアプリ、SNSなどで捕まえよう。

時間があまりない普通の社会人女や、地味系な女などに多い。

ガラケー時代からこの手の女はたくさんいて、俺もかなりの人数をワンチャンしたりセフレにしてきた。

昨今ではマッチングアプリの流行により、可愛い子も増えてきている。

自分自身もセックス依存症にならないように

セックス依存症の女をセフレにして楽しむのはいいが、自分自身がセックス依存症になってしまわないように気をつけてほしい。

たくさんの女とセックスすることが中心の人生になってしまうと、あとから後悔するはずだ。

もしあなたに大切な彼女や奥さんがいたりした場合、その大切なモノをセックスで失ってしまうことにもなりかねない。

俺は浮気がバレて何度も彼女を失っているし、女遊びのために時間やお金をかけすぎて幾度となく後悔してきているし、性病にかかったこともある。経験人数も数百人といるので、まあセックス依存症だろうw